私が住宅リフォームを実施しようと思ったキッカケにつきまして

私が住宅リフォームを実施しようと思った背景としましては、「劇的ビフォーアフター」の番組に影響された部分がありました。私の実家としましては、非常に狭い家で動線がなく、荷物で埋もれており、何とかしなければならないと常日頃から思っておりました。築年数も40年は経過しており、雨漏りも時折発生することから、何とかしなければならないと思う生活内容でありました。特に混雑時のキッチンにおいては酷い状況でありまして、大人が4人集結するような状態も発生するような形でありました。このようなことから、混雑時や、動線の根本的な見直しが必要でありますことから、リフォームを依頼する形になりました。私が依頼した動線の改善箇所につきましては、キッチンを広くして、そして、外にあったお風呂を家の中で入れるようにすることでありました。相模原市で外のお風呂のリフォームをしてからは、見違えた家に家族が口を揃えて言った言葉が「新築かと思った!」と言う内容でありました。動線が解消された広いキッチンでみんなが楽しく食事をしてお風呂も寒い外で着替えなくても良い仕上がりに家族は大満足でありました。これからも定期的にリフォームが必要な場所を見つけて行きたいと思います。