カテゴリー: 二世帯住宅

高齢者に優しい二世帯住宅を建てました

高齢者の両親は夫婦二人の生活は不安だと最近よく口にするようになり、同居した方が良いのなかんぁと思うようになったので二世帯住宅を検討するようになりました。新しく二世帯住宅を建設しようと思い、大手住宅メーカーへ相談したところ、趣ある和風建築の二世帯住宅を紹介され、実際に住んでいる方がいらしたので、内覧させて頂きました。和風建築は、まず玄関から木の香が漂い、マイナスイオンを放出しているのがわかるので、とても家の中にいるだけでリラックスできる空間になっているなぁとわかります。自宅にいる時はリラックスしたいですし、両親も安心した老後を過ごしてもらうためには、こうした和風建築で心身ともにゆとりを感じることができる二世帯住宅は最適だと思い、プランを立てたあと、建設することにしました。玄関が広いのでゆっくりと靴の脱ぎ着もできますし、バリアフリーで滑りにくい床にするなど、高齢者に優しい二世帯住宅を建てました。
カテゴリー: 二世帯住宅

二世帯住宅は、間取りが肝心。

二世帯住宅を決める場合は、ヴィンテージ家具等の家具を置けるプライベート空間をしっかりと分ける間取りを取るのか、中で自由にできる

間取りを作るのかよく考えてから決めた方が良いです。

両方ともメリットはありますしデメリットもあります。

もちろん、住んでみなければ分からないと思いますが

住んで見る前にある程度決めておくと

後々トラブルになることが少ないです。

例えば住む前に、どのような生活を送りたいのかよって

間取りの選び方が大きく違います。

例えば小さな子供がいるのであれば、何かと手がかかるので

間取りが繋がってるほうが良い場合は多いです。

しかし、そうでない場合はプライベート空間を守るため

間取りを分けたほうがうまくいくこと多いです。

それぞれ住んでいると重要な話をしなければならない

場合が多いです。例えば子供の進路だったり

経済的な面の相談などデリケートな話し合いは

間取りが分かれてた方が何かと便利です。

その話の内容が共通の話題であったとしても

一度お話をまとめなければならないので、

間取りが分かれていた方が便利です。



カテゴリー: 二世帯住宅

二世帯住宅のキッチンについて考えましょう

二世帯住宅といっても、中身をのぞくと、かなり大きな違いがあります。例えば「キッチン」をどのように設計するかという点で、二世帯住宅の形が大きく変わってきます。例えば完全に親世帯と子世帯が独立しているタイプの二世帯住宅では、各世帯に独立したキッチンがあります。このタイプの二世帯住宅は、夕食を各世帯がそれぞれに楽しむことができます。一方で、メインキッチンを親世帯に置き、サブキッチンを子世帯に置くというケースもあります。夕食は二世帯が一緒に取ることが、前提になっている二世帯住宅です。メインキッチンが一つならば、二世帯住宅を建てる費用が安くなります。しかし、親世帯が夜7時ころに食事を済ますのに、子世帯が家に帰ってくるのが夜9時だとしたら、一緒に食事をとるのが難しくなります。仮に夜9時に一緒に食事をするとしても、待つ親世帯も、待たせる子世帯も気づまりでしょう。このような場合は、独立したキッチンをそれぞれの世帯に置くようにして、夕食を別にとるようにしましょう。
カテゴリー: 二世帯住宅

二世帯の融合

私は建築関係の仕事についています。その中のお客様の半数近くが二世帯型の建築です。しかし、二世帯のそれぞれどこに重要さを求めているかが全く違いました。方や、和式と瓦屋根、方や低コストとデザイン、なかなか融合することは難しいですよね。全く違う家がすぐ横に並んでいるとさすがに違和感を感じますよね。内装に関しては、二世帯とも満足しているようです。広く感じる空間や温かみのある配色、防音・防湿・断熱効果の高い家。標準仕様でさえもコストのかかりにくい快適な居住空間であるとかなり高評価です。さらに融合に力を入れるとなると、外構にもしっかり力を入れるべきではないかと思いました。二世帯の家を囲うように外柵をし、反対には和風の樹木、反対には洋風の樹木などをあえてアシンメトリーに並べ、ウッドデッキを二世帯間のリビング掃き出し窓から掃き出し窓をつなぐように設置すると、オープンテラスのように二世帯を自由につなぎ温かさを感じます。せっかくの二世帯なのでなにかいい方法はないかと相談されるので、このように外構にも力を入れてはどうでしょうかと提案させていただいています。
カテゴリー: 二世帯住宅

二世帯住宅は地震に強い造りです

二世帯住宅を建てる時、地震に強いマイホームにしたいなぁと考えていたので、住宅メーカーの方へ相談し、耐震対策が施された安心安全なマイホームを建てるプランをいくつか紹介してもらいました。こちらの要望としては、大きな地震があった時、高齢者の両親はすぐ逃げ出せないこともあるため、やはり揺れに強くて、地盤がしっかりしている二世帯住宅を建てたいと思っていました。基礎工事をしっかりしている住まいは、大きな地震があっても地盤沈下などしませんし、家のひずみなども最小限度に抑えることができるので、二世帯住宅を建てる前に基礎工事を念入りに行う事は重要だなぁと感じていました。落ち着いた生活を送ることが何より重要になるので、二世帯住宅は特に高齢者が住みやすい環境にしたいので、じっくりとプランを立てたあとに建設してもらうことにしました。両親が住むことになる1階部分から庭も見れるようにして、ホッと安らぐ空間にしました。
カテゴリー: 二世帯住宅

2世代住宅、建築しました。

2世帯住宅を建築しました。結婚して賃貸アパートに住んでいましたが、子供が生まれたのをきっかけにマンションか戸建ての購入を検討し始めました。



広いLDKや住宅に憧れがあったため、広い上野取れる建物を念頭に検討しました。しかしマンションや建売住宅はいずれも広いお部屋などはあまりなく、なかなか要望にあう物件がありませんでした。



親に住宅を検討していることを伝えた際に、実家を建て替えして二世帯住宅で建築する話がありました。

土地代を考えなくて良いため、家に建築資金を全て充当できるため、広いLDKをや部屋ができるかと思い、二世帯住宅の検討が始まりました。 



インターネットでは、親世帯と子世帯の意見がまとまらず計画が難航するなどの意見もありましたが、担当してくれたハウスメーカーの担当者が、うまく話をまおめてくれたため、建築計画はすんなりと決まりました。

 

注文住宅の場合、何もないところから建築計画を設計していくため、担当者の良し悪しはかなり重要なポイントだと改めて思いました。



実際に住んでから、子供の通園など親が手助けをしてくれていることもあり、二世帯住宅にして良かったと改めて思いました。



二世帯住宅、お勧めです。
カテゴリー: 二世帯住宅

古い家を解体して二世帯住宅

私の両親は、田舎に住んでいてその家がかなり古くなっていました。そこで、リフォームをすることを考えたようですが、それよりも新築をつくることにしたのです。その新築というのは、私たち家族と一緒に暮らすことができる二世帯住宅です。新しい家に慣れていない両親は、かなり心配していましたが今になると本当に良かったと思うことができているようです。

なんといっても良かったのは、冬に過ごしやすいということですね。古い木造の家はかなり寒かったです。両親は常に寒いということを言っていたので、二世帯住宅にすることによりすごく暖かい部屋にびっくりしています。冬には、半袖で過ごすことができるぐらいの部屋なので、今までの寒さを思い出すことができないほどなのです。

また、夏の快適さも感じています。夏にかなり湿度が高く、隙間のある家だったので断熱材のある過ごしやすい涼しい部屋にも感激をすることができています。何もかも感動の連続です。
カテゴリー: 未分類

子供の笑顔が増えた二世帯住宅

親と子供だけだとどうしても、やることが主体となり笑顔が少なくなる感じがしてました。毎日暮らすことで精一杯で、疲れていてそんな余裕もないのです。ところが、二世帯住宅にすると気持ちにゆとりができるので、笑うことが多くなっています。困ったときには、お互いに相談をすることができる相手がすぐそばにいるのがいいみたいです。私がそうだし、親にしてもその気持ちが強くあります。年寄り同士だと、悲観的になることも私たちと家が近くにあるので話をするうちに元気を取り戻すことがありました。

また子供にとっても、祖母や祖父が近くにいるとストレスを解消することができていいですね。話をしたい時に祖母がいるのでその時々で話をして、気持ちが楽になるのです。話し相手がそばにいることにより、さみしいと言う気持ちを少なくすることができて、笑顔も増えます。見えない安心感に守られていると思うことがあります。そんな風に、二世帯住宅のメリットは大きいです。